空手道部の紹介

歴史・沿革

関西大学体育会空手道部は、1938年に創部され70年を超える歴史あるクラブです。
本クラブが全日本の団体戦を制したのは昭和37年11月11日、大阪府立体育館で開催された第6回全日本学生空手道選手権大会です。それ以降、全日本学生選手権の団体戦・個人戦において、数々の輝かしい実績を誇っています。関西では1部2部制が導入され以来、1部の常連校として健闘してきました。近年は、ナショナルチームに選出される選手も輩出しており、世界でも活躍しています。

   
   
   
   
   
   

本クラブの方針

関西大学体育会空手道部は勉学とスポーツの両立を第一に考えています。空手道での部活動では日本一を目指すことを目的としながらも、学生が将来、自分の道を歩めるように勉学も大切にしています。個人の努力が最大限必要になりますが、学生の本分である勉学と部活動の両方を全力で頑張れるようなクラブ活動です。

学生を育てることができるようにOB・OGも学生をサポートしています。空手道が強くなることは一番空手道部にとって嬉しいことではありますが、単に日本一になるのではなく、大学を卒業するとともに、4年間の空手道部での活動で培った努力や忍耐という力を社会に還元できるような人間力の形成を大切にしています。

この方針のもと、チーム一丸となり、「日本一」を目指して日々精進しております。

練習場所とその他

練習場所は、関西大学千里山キャンパス凱風館3階または千秀館道場です。
入部にご興味のある方は「入部案内」をご参照ください。

五誓

我々は、以下の5つの誓いを「五誓」とし、行動の規範としております。

一、至誠に悖ることなし 一、言行に恥ずることなし 一、氣力に欠くることなし 一、努力に憾むことなし 一、不精に亘ることなし

新着情報

現在、部員29名、成績も年々上がってきており、今最も勢いのある部です。大学生活を充実させたい方は是非入部してください。

空手道部コンテンツ

  • 関西大学空手道部について
  • 空手道部部員紹介
  • 空手道部の活動報告
  • OB・OG専用ページ

ページのトップへ