第55回関西学生空手道個人選手権大会の結果について

4月29日(祝・金)に第55回関西学生空手道個人選手権大会が開催されました。

 

女子組手競技+68キロで2回生の砂田が優勝しました。

昨年度も優勝しましたので、見事連覇達成です。

 

また、男子組手競技−60キロでは初戦から気迫に溢れる戦いをみせ、

副将の3回生の石井が3位に入賞しました。

 

その他、女子組手競技-55キロでは2回生の笹尾がベスト8

男子形では4回生小野、女子形では3回生相原

それぞれROUND2へ進出するなど、健闘しました。

 

今回惜しくも結果が残せなかった選手や試合に出場できなかった選手も含め、

コロナ対策を十分に講じながら、毎日の練習に励んできました。

 

次は西日本空手道選手権大会(団体)での結果を目指し、精進します。

引き続き、ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。

ご声援ありがとうございました。

 

 写真 2022-04-30 8 45 54写真 2022-04-30 8 45 38写真 2022-04-30 8 45 29写真 2022-04-30 8 45 16写真 2022-04-30 8 44 49写真 2022-04-30 8 44 26写真 2022-04-30 8 44 24写真 2022-04-30 8 44 16写真 2022-04-30 8 44 09写真 2022-04-30 8 44 00写真 2022-04-30 8 43 51写真 2022-04-30 8 43 40写真 2022-04-30 8 44 41写真 2022-04-30 8 44 38

 

新着情報

成績も年々上がってきており、今最も勢いのある部です。大学生活を充実させたい方は是非入部してください。

空手道部コンテンツ

  • 関西大学空手道部について
  • 空手道部部員紹介
  • 空手道部の活動報告
  • OB・OG専用ページ

ページのトップへ